« 小さなありがとう | トップページ | チカラシゴト »

2008年3月25日 (火)

世界に ひとつ・・・

3月24日、娘が6年間通った小学校から巣立ちましたhappy01

  まもなくこの「国安」を離れることもあって、感慨もひとしお。ダンナさんも午前中店をお休みにして、一緒に卒業式に列席しました。

  卒業式の練習にあたって、セリフを憶える手伝いをしてやってた私は、

  ホンバンでボロボロに泣いちゃうことはありませんでしたcoldsweats01

     

  子供たちが入場する前に、ビデオレターが上映され・・・・・。

  一人ひとりの子供が親に向けて、これまでの感謝のメッセージを送る・・・というもの。

  スクリーンに大きく映し出される子供たちの顔、みんな大きくなったねぇ~~heart04と冷静

   メッセージの内容を知らなかったら、きっと泣いてたやろうけど、セーフconfident

最近の卒業式って・・・・・・スゴイのね

  児童数がほどよく?少ないこともあるんだろうけど、

式の中で、卒業生の感謝の言葉と高学年在校生の送る言葉が、掛け合い風で紡がれる形で、思い出や感謝を述べ合うの。(なんかうまく表現できんけど)

長い物語を一人ずつがセリフを述べるようにつないで、

そして、その間に、仰げば尊し  と  蛍の光  がミュージカル??みたいに自然に入ってるんです。

代表の一人が謝辞なんかを述べるより、ずっとずっと心にしみる、いい式でしたshine

みんなが主人公・・・。

     “セリフ憶え”にあたり、原稿を全部みてしまってた私は、ボロボロに泣いちゃうことはありませんでした。どちらかというと、小学校生活最後の記念に残る舞台を、みんなで作り上げてる・・・・その姿に感動しながら聞き入ってた。そんな不思議な感じ。

200803250745421 そんな子供たちの手には、世界に一枚しかない、ステキなこれが。

味わいある字で和紙にかかれた「卒業証書」の文字

普通、まるい筒に入るんだろうけど、こんな素敵な和紙にくるまれて手元に帰ってきます。

その昔、紙どころだったここ 国安 では、山本屋さんという紙漉き屋さんが今も残ってます。(見学なんかにも何度も訪れ、たくさんお世話になったなぁ)

そして、子供の通った小学校では、6年生になると、自分の卒業証書を自分で漉くんです。

しっかり漉かれたその和紙の中央には校章もちゃんと“透かし”で入ってる。

                 すごいことでしょ。

              自分の手で漉いた紙が、卒業の証になるって。

これはねぇ、感動するよ。

20080325074700

6年間の重みと成長が、ここに詰まってる

世界で一枚の卒業証書を手にできる、国安小学校の卒業生

幸せだと   ほんとに思う。

校長先生からは、卒業生一人ひとりの名をよんで、その子が学校生活の中でどんな風にがんばってきたかを短くだけど述べてくれました。

体育館、いつものようにとっても寒かったケド

心あたたまるすてきな卒業式を   ありがとう。

我が家も、まもなく この国安の地から・・・・・巣立ちます。

|

« 小さなありがとう | トップページ | チカラシゴト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も国安小学校卒業生です、もう26年前の話になりますが。ご両親も卒業生ですか?久しぶりに小学校の事が気になりホームページを覗いてみましたなかなかいい活動されてますね(^0^)

投稿: やまちゃん | 2010年7月15日 (木) 08時01分

>やまちゃんさん
はじめまして。
国安ご出身なんですね。
手漉き和紙の町らしく、すてきな活動をされていました。小学校の間に何度も手すき和紙の工場を訪れたり体験する機会もあり、子ども達にとってはとてもよき体験だったと思います。
私達両親は残念ながら国安出身ではありませんが、隣接する小学校出身なので、今もときおり近くを訪れてますよ♪

投稿: KAKO | 2010年7月18日 (日) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さなありがとう | トップページ | チカラシゴト »